見積書を受け取った時は

見積書を受領した場合には、見積書に記載されている金額、商品名、数量などをしっかりと確認しておきましょう。

見積書を受領した時は、まず、最初に、見積書の宛先名を確認します。そして、会社で処理する時は、会社名を記載してもらいます。個人名では通用しませんので。次に、見積書の日付や記載されている数字部分をチックします。見積りの金額、数量、摘要などに誤りがないか、また印鑑が押されているかも確認します。そして、それらについて、間違いことを確認した後に、見積書は日付順、内容別などに保管し、後日確認が容易に行えるようにしておきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【送料無料選択可】ミニひと目でわかるExcel ビジネス文書作成術/土屋和人/著(単行本・ムック)

【送料無料選択可】ミニひと目でわかるExcel ビジネス文書作成術/土屋和人/著(単行本・ムック)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。